お知らせNEWS

ニュース 2022/07/26

ホッチキスを使わずに袋をまとめる/超音波溶着器(超音波ホッチキス)キュッパ

小さな袋をひとつにまとめる方法をご紹介。

商品本体に付属品として同梱する部品をまとめる方法として、
実際に採用いただいている方法です。

sealpartsbags_qp

超音波ホッチキスQUPPA(キュッパを使った方法です。

 

 

◆やり方◆

袋を重ねて、超音波溶着器キュッパで挟みます。
sealpartsbags_qp sealpartsbags_qp

2秒後、完成。
しっかりくっついています。シールができました。
sealpartsbags_qp sealpartsbags_qp

 

 

 

 

よくあるその他の方法と比較をしてみます。

①ホッチキスでまとめる

②テープでまとめる

③大袋にまとめていれる

———————————

 

①ホッチキス
最も手軽で、一般的な方法かもしれません。
しかしながら、ホッチキスの針によるケガに注意しなければなりません。
商品購入者が、ホチキスの針でケガをするリスクがあります。

stapler   bandaid

②テープ
テープに対して少しずつ袋の位置ずらしながら貼り付けることで、
複数の袋をまとめることも可能ですが、
早い作業が難しいことがデメリットと思われます。

tapes

③袋
小袋をまとめて大袋に入れてしまう方法です。
コストがかかる選択肢です。
チャック付きの袋を使うとより便利ですが、やはりコストが高い点がデメリットです。

cost

 

超音波ホッチキスQUPPA(キュッパ)でまとめる場合、
メリットは、強くしっかりと、とめることができること。
テープや袋、ホッチキスの針などの副資材は不要です。

デメリットとしは、初期投資(機械本体の代金)が必要です。
逆に消耗品はないので、使い続けることでコストパフォーマンスがいい機械になります。
また100Vの電源が必要となる点が場所を選ぶという点ではデメリットとなります。

sealpartsbags_qp

 

超音波ホッチキスQUPPA(キュッパ)の詳細を知りたい方は
商品ページを確認してください。
https://asahi-sg.co.jp/products/quppa/

使い方の動画もあります。
https://youtu.be/TFdqpQqMp0Q
ultrasonicpointsealer

 

 

デモ機の貸し出しや、お客様の使用される資材を弊社でシールテストすることも可能です。

お気軽にお問い合わせください。
https://asahi-sg.co.jp/inquiry/
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

超音波溶着器キュッパQP-01

超音波溶着器キュッパQP-01

 

超音波溶着器キュッパの詳しい情報はこちら

お問い合わせはこちら

 

 

 

 

 

 

お問い合わせCONTACT

開発・協業・お見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

お電話での
お問い合わせ

包装・衛生・食品加工機器

TEL: 052-671-5191

FAX: 052-671-5196

排泄・ヘルスケア用品

TEL: 052-684-6829

繊維機器

TEL: 076-423-8154

コンベアベルト

TEL: 052-655-5559

メールでのお問い合わせ