【カードローン審査の裏ワザ】通りやすいポイント、落ちる原因を解説

カードローンに申し込んでみようと思っているけれど、審査に通るか不安に思っていませんか?

できれば審査が甘いカードローンに申し込みたい、確実に審査に通る方法はないか?とお考えの方は、カードローンの審査ではどのような点を見られているのか、審査の基準を知っておけば安心です。

また、審査に落ちてしまう原因と対策についても解説しますので、しっかり準備をして申し込めば、審査通過の確率を高めることができるでしょう。

知っておこう!カードローンの審査基準

実は、カードローン各社とも、審査の基準を公開していません。しかも、会社ごとに審査の基準は違います。年齢や収入を見ているということはわかりますが、その詳細については不明です。

ですから、何をどう準備すれば確実に審査に通るのかは、わからないのです。

しかし、審査でチェックされるポイントはわかりますので、どこをチェックされているのかを頭に置いて申し込めば、少しでも審査通過の可能性を高めることはできるでしょう。

  • 年齢
  • 勤務先、勤続年数、年収
  • 持ち家の有無
  • 家族構成
  • クレジットカードなどの支払い状況
  • ローンなどの支払い状況
  • 他社からの借入

などを見て、返済能力があるかどうかを判断しています。

一般的には年齢が高く、勤続年数が長い人の方が収入も高くなりますので、審査には有利です。

雇用形態としては、公務員・正社員>契約社員・派遣社員>パート・アルバイトの順になるでしょう。

カードローンの審査で必要になる書類

ローンの審査で必要となる書類は、以下の2つです。

  1. 本人確認書類
  2. 年収証明書

本人確認書類は、原則として写真がついている公的な身分証明書が求められます。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民票の写し
  • 健康保険証
  • 年金手帳

など。

書類によっては、2点以上必要となる場合があるので、申込要件をよく確認しましょう。

年収証明書として使えるのは、以下の書類です。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 支払調書
  • 納税通知書
  • 年金証書(年金通知書)

などです。

ただし、年収証明書については、以下の条件を満たしていると不要になるケースがあります。

  • 借入希望額が50万円以下
  • 他社との借入合計が100万円以下

年収証明書を出すのが難しいという人は、借入希望額を抑えることで、提出しなくて済みます。

カードローンの審査の流れ

カードローンは、従来の電話や書類での申込方法もありますが、現在はインターネットからの申し込みが主流になっています。

消費者金融カードローンはスマホアプリも充実しており、申込から契約、借入、返済まで全てスマホでできるものもあります。

さて審査の流れですが、申込をすると入力された内容を機械的にチェックし、信用情報機関などにも同時に照会しつつ、本人確認書類を提出してもらい、最後に在籍確認を行います。

在籍確認とは、勤め先に電話をして、本当に働いているかをチェックすることです。在籍確認ができれば審査OK。ここをクリアすると契約となります。

会社に電話をかけられるなんて…と不安になる人もいると思いますが、大手の消費者金融カードローンなら、会社名を伏せて個人名でかけてくれますので、その電話で借入がバレることはほぼないでしょう。

バレないカードローン!家族や職場に内緒で借りる方法の記事では、誰にもバレずにお金を借りるのに適したカードローン会社や、バレないための注意点を解説しています。

審査なしのカードローンはある?

審査のチェック項目を見ると、勤続年数が短かったり、専業主婦で仕事をしていなかったりして、審査に通るか不安という人もいると思います。

そもそも、審査をせずに貸してくれるところはないだろうか?と探したくなると思いますが、なきにしもあらずです。

しかし本来は、必ず審査があるものです。大手の消費者金融、銀行などは当然ですがしっかりと審査をしています。審査なしでお金を貸してくれるところはありません。

審査なしでお金を貸すということは、申込者の返済能力を確かめずに貸すということですから、何か裏があると思った方が良いでしょう。

審査なしでお金を借りることのリスクはこちらの「【審査なし】カードローン在籍確認なしで即日融資はあり得る?」をお読みいただければよくわかります。

審査が甘いカードローンはある?

審査なしは無理にしても、できるだけ審査が甘いカードローンはないものだろうか。お金に困っているときには、そんな風に思うものです。

そしてできるだけ早く借りられるカードローンはないか?と思ったときに検討して欲しいのは、消費者金融カードローンです。

銀行カードローンは、上限金利が低いというメリットがあるものの、審査にはやや時間がかかるのと、審査が厳しめだからです。

銀行カードローンも、安定した収入があれば雇用形態は問わないというところもあるのですが、現実問題として、審査通過率を考えると消費者金融カードローンで申し込んだ方が借りられる可能性が高いです。

消費者金融でも申込時に入力された情報はしっかり審査されますし、信用情報も照会されます。

決して審査が甘いわけではないですが、「審査が甘いカードローンはどこ?成約率が高い&即日OKなのはコレ!」をご覧いただければ、消費者金融の方が少しでも有利なのはお分かりいただけるでしょう。

審査に通らない!落ちる原因と対策

審査が有利とはいっても、闇雲に申し込んだら、消費者金融といえども審査に落ちます。しっかりと対策をしてから申し込むようにしてください。

どの消費者金融も、申込要件が書いてあるはずです。

  • 年齢
  • 収入
  • 保証会社の保証を受けられること

などです。

収入ですが、具体的な年収などが書いてあることはあまりなく、「安定・継続して収入を得ていること」と書いてあることが多いでしょう。

大事なのは収入の高さや雇用形態ではなく、「安定・継続」だということです。

もっとも、公務員や正社員が有利なことに変わりはありませんが、パート、アルバイトでも「安定・継続」して収入があれば、OKとなるケースが多いです。

勤続年数が短かい人や、短期の派遣の仕事で安定していないと判断されると、落ちる可能性があります。

くわしくはこちらの記事、「カードローンの審査に通らない!押さえておくべき原因とマル秘対策」でも解説していますので、審査落ちしそうな要件に思い当たることがないか、よく読んでみてください。

どのカードローンも落ちてしまうブラックとは?

あちこちからお金を借りて、借金返済が難しくなってきた。

なんとか借入をまとめてスッキリさせることはできないか?と思っている人で、すでにブラックリスト入りしている人は、どんなに対策しようと、審査を通過するのは難しいでしょう。

ブラックリストという、リストが存在するのではありません。

  • 滞納を繰り返している
  • 債務整理をしている

そのような情報が信用情報機関に登録されている人を、いわゆる「ブラックリスト」と呼んでいるのです。

お金を貸す方からすると、信用情報を照会したときに事故記録があれば、この人に貸してもきちんと返済してもらえないと考えるでしょう。

ですから、大手のきちんとした金融業者ほどブラックに対しては厳しく、新たに借入したいと思ってもできないのが現実です。

可能性がゼロではないにせよ、なるべくブラックにならないように、きちんと返済していくということとても大切です。

もしかして、自分の信用情報に問題があるかも?と不安な方は、信用情報機関に情報開示請求をしてみましょう。

ブラックでも絶対通るおまとめローンはある?必ず借りれる方法とはもご覧ください。

借入できる金額は決まっている!総量規制とは?

信用情報を照会するのは、滞納記録などのチェックもありますが、他社からの借入がどのくらいなのかを調べるためでもあるのです。

貸金業法による総量規制により、消費者金融カードローンでは、年収の3分の1を超える貸付はできないことになっています。他社からの借入額をチェックされるのはこのためです。

申込要件を満たしており、ブラックでもないのに審査に落ちる人は、借入額が大きくなっていないでしょうか?

では、年収の3分の1まで借りてしまったら、もう借入ができないかというと、そうでもありません。総量規制の対象外である銀行カードローンなら借りられる可能性があります。

なんとか他で借りる方法はないか?と探している方は、「総量規制対象外カードローン紹介!オーバーでも最短で借りれるのは?」を参考にしてください。

審査通過のコツは安定・継続した収入!

どの金融業者も、審査の内容を公開していないため、こうすれば確実に通るという方法はわかりません。

ただ、申込要件に該当していることは必須ですし、仕事をしていて収入があることも必要です。収入の高さは問題ではなく、安定・継続していることが重要です。

また、過去に滞納を繰り返しているなど、信用情報に問題がある場合も審査落ちしやすくなりますので、心配な人は一度自分の信用情報を開示してもらってから、申し込むと良いでしょう。

審査の裏ワザ 新着一覧
閉じる
バレずに借りられる