審査が甘いカードローンはどこ?成約率が高い&即日OKなのはここ

審査の裏ワザ 2021.06.17

カードローンの審査が不安だと、つい「審査が甘いカードローンがあればいいのに」と考えるかもしれません。

しかし、カードローンに審査が必要なことは法律でも決められているので、審査が甘いカードローンは存在しません。

審査が甘いカードローンはなくても、手続きがしやすく借りやすいカードローンはあります。

条件によっては申し込んだ当日中にお金を受け取れる借入先もあるので、手軽に借りたい人は便利に借りられるカードローンに絞って借入先を検討すると便利です。

そこで今回は審査が甘いカードローンがない理由と、便利に借りたい人におすすめの借入先を紹介します。

\審査が不安ならアコム/

審査が甘いカードローンはない!誰でも借りられるところは危険な業者

審査が甘いカードローンや審査を行わないカードローンは、存在しません。審査が甘い・審査がないと案内している借入先を選ぶと、危険な目に遭う可能性もあるので、審査が甘い借入を探すのは避ける必要があります。

なぜそう言えるのか、審査が甘いカードローンがない理由と、審査が甘い借入先の危険性について詳しく確認しましょう。

業者によって審査の「甘さ」が違うのではなく「基準」が違うだけ

審査が甘いカードローンは存在しません。理由は、審査を甘くして誰にでもお金を貸すと返済が滞る可能性が高く、貸した側が困るからです。

それなのに審査が甘いカードローンがあると思われているのは、業者によって審査基準が違うからだと考えられます。

審査基準は業者ごとに設けられていて、一律ではありません。

貸したお金を返済してくれるかどうかにポイントを置いて審査を行っている点は同じですが、細かいところは違います。そのため、同じ人が別の業者で審査を受けた時に、片方は通って片方は落ちる場合もあるのです。

すると、その人にとっては通った業者が審査が甘い業者で、落ちた業者が審査が厳しい業者だと感じられます。しかし、別の人が審査を受けると結果が逆になる場合もあります。

同じ人が別の業者で審査を受けた時に審査結果が違う場合があることから、審査が「甘い」業者があると考えられがちですが、そうではありません。

カードローンの審査は業者によって「甘さ」が違うのではなく、「基準」が違うだけです。

貸金業法で審査をするよう決められているので審査がない借入先はない

融資に関する広告を見ていると、時々審査をせずにお金を貸せると案内している業者を見かけます。しかし、法律で審査をするよう決められているので、審査がない借入先はありません。

消費者金融は、貸金業者に分類されます。貸金業者は安全に利用できる業者ですが、安全と言えるのは貸金業法を始めとする法律を守って営業しているからです。

貸金業法の第31条は、貸金業者に返済能力の調査を義務付ける内容になっています。つまり、法律によって審査をしてから融資を行うように決められているのです。

銀行の場合は保証会社の審査もあるのが一般的

貸金業者ではない銀行のカードローンには、貸金業法は関係しません。しかし、返ってこないお金を貸せるところはないので、銀行も必ず審査を行ってお金を貸しています。

銀行の場合は銀行独自の審査だけではなく、保証会社による審査も行われています。保証会社とは、次の役割を持つ会社です。

  • カードローンの利用者が返済できなくなった時に代わりに返済をする
  • 申込者の返済能力を保証できるか審査を行う

万が一カードローンの利用者が長期的に滞納した場合、保証会社が利用者に代わって銀行に支払いをします。これを代位弁済と言います。

保証会社は利用者の返済が滞ったら代わりに返済をしなければいけないので、利用者のカードローンの利用を認めてもいいかという観点から審査も行います。

保証会社の審査に通ったら、返済能力があると保証してもらえることになります。銀行は保証会社の審査結果もふまえて、最終的にお金を貸していいかを判断する仕組みになっているのです。

審査をせずにお金を貸す業者は危険な違法業者

法律で義務付けられているのに、中には審査をせずにお金を貸せると案内している業者もあります。お金に困っているとつい借入したくなるかもしれませんが、法律で決められているのに審査をしていないのはおかしいと考えなければいけません。

カードローンのCMを目にする機会も多いかと思いますが、どの商品も「ご利用は計画的に」「借入には審査があります」など安易に借りないよう注意を促す言葉が入っています。

それなのに、以下の例のような言葉で融資を誘っているのは、違法業者です。

  • 審査なしですぐに利用可能
  • 誰でも借入可能
  • 100%融資を実行

審査もせずに誰にでもお金を貸していると、返してくれない人にまで貸す可能性が高いと言えます。返してくれない人が多いと経営が成り立たないはずなのに、誰にでもお金を貸せるのには無理にでもお金を取り立てる仕組みがあるからです。

違法業者で借りた場合に考えられる5つの危険性

違法業者で借りた場合、以下のような5つの危険性が考えられます。

危険性 具体的な内容
厳しい取り立て 自宅を訪問する
大声を上げるなど暴力的な取り立てをする
時間に関係なく電話やファックスをする
周囲も巻き込んでの取り立て 勤務先に何度も電話やファックスをする
身内に返済を迫る
高額な利息の請求 返しても減らないほどの金利を提示される
お金のだまし取り 信用を見たいなどの名目でお金を出させて融資はしない
勝手にお金を振り込んで高額な利息をつけて返済させる
個人情報の流出 さまざまな違法業者から融資を誘う連絡が来る
嫌がらせのためにネット上に個人情報を流される

一度違法業者を利用すると相手に詳細の情報が渡ってしまうので、個人情報が流出する危険性もあります。違法業者が個人情報を共有して、同じ人を対象に次から次へと融資を誘う例も見られます。

日本貸金業協会の公式サイトには、被害の実例が掲載されています。1万5千円振り込まれて1週間後に4万円の返済を迫られた例などがあってわかりやすいので、参考にしてみてください。

危険が多いので、絶対に審査が甘い・審査がないと案内しているところで借りてはいけません。

違法業者と知らずに借りてしまった場合は、以下のようなところに相談ができます。

  • 警察
  • 弁護士会や司法書士会
  • 貸金業相談・紛争解決センター

不安な時は相談してみましょう。

便利に借りたいなら手続きがしやすい大手カードローンを検討しよう

審査が甘いカードローンで借りたい人の中には、「審査に時間をかけたくない」「できるだけ手軽に借りたい」という考えの人もいるのではないでしょうか。

審査が甘いカードローンはありませんが、審査がスピーディーで手続きがしやすく借りやすいカードローンなら見つけられます。

借りやすいところでお金を借りたいと考えている人には、大手消費者金融がおすすめです。

大手消費者金融がおすすめできる理由について、詳しく見ていきましょう。

申し込み方法が多彩でアプリも活用できる

大手消費者金融は申し込み方法が多彩なので、自分に合う方法で便利に申し込めます。

申し込み方法の例を見てみましょう。

  • インターネット
  • 自動契約機や店舗
  • 電話
  • 郵送
  • アプリ

業者によってどの方法に対応できるかは違いますが、複数の申し込み方法が利用できるので便利です。

最近ではアプリを活用して申し込みができる大手消費者金融も増えています。アプリを使えば、手軽に申し込みができます。

対応しているのは、以下の業者です。

  • プロミス
  • SMBCモビット
  • レイクALSA
  • アイフル

アコムにも公式アプリはありますが、新規申し込みには対応していません。

来店なしでも手続きができる

大手消費者金融は、どこを選んでも来店なしで手続きできる方法があります。来店せずに申し込める流れを業者ごとに確認しましょう。

消費者金融 来店不要で申し込む方法
プロミス アプリで申し込んでアプリで契約
インターネットで申し込んでインターネットで契約
電話で申し込んで郵送で契約
郵送で申し込んで郵送で契約
SMBCモビット アプリで申し込んでアプリで契約
インターネットで申し込んでインターネットで契約
電話で申し込んで郵送で契約
郵送で申し込んで郵送で契約
レイクALSA アプリで申し込んでアプリで契約
インターネットで申し込んでインターネットで契約
電話で申し込んでインターネットで契約
アイフル アプリで申し込んでアプリで契約
インターネットで申し込んでインターネットで契約
アコム インターネットで申し込んでインターネットで契約
電話で申し込んでインターネットまたは郵送で契約
郵送で申し込んで郵送で契約

電話で申し込みをする場合、業者によってインターネットで契約できる場合と契約方法が郵送になる場合があります。

急いでいる時にスピーディーに借りられる可能性がある

大手消費者金融では、急いでいる時にスピーディーに借りられる可能性があります。

大手消費者金融の最短の審査時間を見てみましょう。

消費者金融 来店不要で申し込む方法
プロミス 最短30分
スマホから「少ない入力項目で最短15秒回答」で申し込むと最短15秒で結果表示
SMBCモビット 最短30分
インターネットの「簡易審査申込フォーム」で申し込むと10秒で結果表示
レイクALSA インターネット申し込みの場合画面上に結果が表示される
電話申し込みの場合その場で審査結果連絡が聞ける
アイフル 最短30分
アコム 最短30分

審査結果が不安で審査が甘いカードローンを利用したいと思っている人にとって、最短30分で審査結果がわかれば不安に思いながら待つ時間が少なくて済むので便利です。

ただし、最短の審査時間なので、状況によってはこれよりも時間がかかる場合があります。審査が行える時間帯には限りがあるので、審査時間が終わってから申し込みをすると当日中の審査は行えません。

申し込み時間や審査の進み具合によっては、申し込み日当日にお金を借りる即日融資も可能です。急いで借りたいときには、できるだけ早い時間に申し込みを済ませましょう。

プロミスは最短即日融資が可能で無利息期間もある

現在の消費者金融業者のキャッシングは、審査が非常に簡単になっているところが多いですので、借り入れやすくておすすめです。

大手銀行と提携している金融業者が多くなっていますので、資金面に余裕があるために積極的な融資を行っている会社が多くなっています。

消費者金融のキャッシングをどこの会社が行っているものを選択するかは、

  • 審査が簡単なこと
  • 融資の実行までのスピードが速いかどうか
  • 利息をどれだけ抑えられるか

が大事な要素になってくるでしょう。

即日で融資を受けることが可能な審査通過率が安定して業界内で高いカードローンとして、最もおすすめなものはプロミスです。

プロミスは審査通過率が高いキャッシング会社として高い知名度を誇っていますので、審査の通りやすさに定評があります。

申し込み条件も年齢が満20歳から69歳までの幅広い世代の方が借り入れの申し込みをすることができて、パートやアルバイト、派遣社員などの様々な雇用条件の方が借り入れることができるキャッシングとなっています。

プロミスはホームページからインターネットによって申し込み完結をすることができて、最短で申し込みを行った当日に融資を受けることができます。

運転免許証などの本人確認のための書類をスキャンしてアップロードしたり、スマートフォンのカメラで撮影を行ってアプリによって提出することが可能です。

プロミスには初回の利用者の方であれば、最初のキャッシングから30日間のうちに返済を行えば無利息で借り入れることができるので、非常にお得に利用できるキャッシングと言えます。

  • 利息0円のうちに返済できる目処が立っている
  • 今すぐお金が必要なので即日で融資してほしい
  • 大手で審査通過率が高い、安心して申込できるところがいい

という方には、プロミスをおすすめします。

プロミスについてもっと詳しく知りたい方はこちらプロミス審査の記事をご覧ください。

SMBCモビットは融資までスピーディ!急いでいる人の味方

即日で融資を受けることが可能で、審査通過率が安定して業界内で高いカードローンとして、最もおすすめなものはSMBCモビットです。

SMBCモビットは審査通過率が高いキャッシング会社として高い知名度を誇っていて、さらに申し込み条件も年齢が満20歳から69歳までの幅広い世代の方が借り入れの申し込みをすることができて、パートやアルバイト、派遣社員などの様々な雇用条件の方が借り入れることができるカードローンです。

SMBCモビットはホームページからインターネットによって申し込み完結をすることができて、最短で申し込みを行った当日に融資を受けることができます。

何よりネットから申込した後にフリーコールに電話して「急いでいます」と伝えれば、その場で個別に、優先的に審査を行ってくれます。

  • 今すぐお金が必要なので即日で融資してほしい
  • 大手で審査通過率が高い、安心して申込できるところがいい

という方には、SMBCモビットをおすすめします。

SMBCモビットについてもっと詳しく知りたい方はこちらSMBCモビット審査の記事をご覧ください。

借りられるか不安な時には事前診断も利用できる

審査が不安で審査が甘いカードローンを探している人は、事前審査を活用すると不安が解消できる可能性があります。

大手消費者金融では、本格的に申し込む前に事前診断が利用できます。事前診断とは、簡単な項目を入力すると借入ができる可能性があるか判断してくれサービスです。

プロミスを例に見てみると、公式サイトに「お借入シミュレーション」が用意されています。シミュレーションでは以下の3つの項目の入力が求められ、匿名で診断できます。

  • 生年月日
  • 年収
  • 現在の借入金額


実際に申し込んで借りられないとわかるよりも、事前に借りられる可能性がないとわかる方が安心です。

診断をしてみて借りられる可能性があるとわかれば、申し込みの際の不安も解消できます。

ただし事前診断は少ない項目で簡易的に診断をする方法なので、必ず本審査と同じ結果になるとは言い切れません。事前の確認と知った上で、上手に利用して不安を解消しましょう。

大手消費者金融で急いで借りたいときにおすすめの申し込み方法

できるだけ早くお金を手に入れる必要があって、審査の手間をかけたくないために甘いカードローンを探している人は、急いで借りられる方法がある大手消費者金融を選ぶと便利です。具体的にどのように申し込めば借入までの時間が短くて済むのか、確認しましょう。

急いでいる時に試したい申し込み方法

業者別の急いでいる時に試したい申し込み方法は、以下の通りです。

大手消費者金融 急いでいる時に試したい申し込み方法
プロミス アプリで申し込み→審査結果確認後本申し込み→インターネット上で契約
株式会社SMBCモビット インターネット申し込み→申し込み完了画面を確認→SMBCモビット コールセンターに電話して優先して審査を受ける→インターネットで契約
アコム株式会社 インターネットか電話で申し込み→インターネットで契約
レイクALSA インターネット申し込み→審査結果を仮面上で確認→インターネットで契約
アイフル株式会社 インターネット申し込み→受付完了メールの受け取り→フリーダイヤルに連絡→優先して審査を受ける→インターネットで契約

近くに自動契約機や店舗がある場合は来店した方が便利なケースもありますが、借入を内緒にしたい人は誰かに見られるリスクに注意しましょう。

借入先に迷いたくない人はプロミスを選ぼう

大手消費者金融は5つあるので、どこを選ぶか考えずにサッと決めたい方もいるかもしれません。借入先に迷いたくない人には、次の理由でプロミスをおすすめします。

  • 事前診断が利用できる
  • 事前審査結果が最短15秒で表示される申し込み方法がある
  • 他の大手消費者金融と比べて上限の金利が低い
  • 無利息サービスがあるのでお得に借りられる
  • 顧客満足度が高い消費者金融なので安心感がある
  • アプリローンもあるので便利に借りられる
  • 最短であれば即日融資も受けられる

審査が不安で甘いカードローンを探している人の場合、事前診断が利用できて、申し込み方法を選べば最短15秒で事前審査結果がわかるプロミスを利用すると安心できます。

プロミス以外の大手消費者金融は、上限の金利が年18.0%に設定されています。プロミスの場合、新規利用者の上限の金利は年17.8%です。

初めてお金を借りる人は、多くの場合金利が最も高い金利に設定されるので、上限の金利が低い消費者金融の方がお得に借りられます。

プロミスには初めて借入をする人を対象として、初回出金日の翌日から30日間無利息で借りられるサービスもあります。SMBCモビット以外の業者にも無利息サービスはありますが、いずれも契約日の翌日から無利息の期間が始まります。

プロミスは唯一初回出金日の翌日から無利息期間が始まるので、契約から借入まで間が空いてもまるまる無利息サービスを利用できる点がメリットです。

借入金額や借入時期によっては、無利息サービスが複数あるレイクALSAの方がお得になるケースもありますが、プロミスの無利息サービスは便利に利用できます。

顧客満足度が高い消費者金融なので、不安な場合は相談にも乗ってもらえます。

早く借りたくて審査が甘いカードローンを探している人にも、アプリローンが利用できて最短即日融資も可能な、スピーディーな対応のプロミスがおすすめです。

審査が不安な時に事前にやっておきたい対策

審査が不安で甘いカードローンを探している人は、以下の対策をしてから申し込みをしましょう。

  • 希望の借入額を10万円以下に抑える
  • 書類は丁寧に正確に書く
  • 必要書類が提出できるよう準備する
  • 在籍確認ができるようにする

多くのお金を借りるよりも借入額が少ない方が返済しやすいので、高額の借入を希望する場合に比べると審査に通りやすい傾向があります。

消費者金融では、法律の関係で年収の3分の1を超える借入ができません。10万円借りる場合を考えると、年収が30万円を超えていれば法律上問題がないことになります。年収30万円稼ぐには、月2万5千円の収入があれば大丈夫です。

実際には最初から法律のギリギリまで貸してもらえるケースはあまり見られませんが、多めに計算して月3万円程度の収入なら、パートやアルバイトでも難しくないと考えられます。そのため、希望する借入額が低い方が返済できると思ってもらいやすいのです。

書類に間違いが多いと、嘘をつこうとしているのか間違えただけなのかわかりません。嘘をついていると判断されると、信用を失って審査に通らない原因になります。間違いだと思われた場合でも、確認に時間がかかって審査がスムーズに進みません。

間違いが多すぎると、返済をきちんと管理してくれるか疑問に思われる可能性もあるので、書類は丁寧に正確に記入しましょう。

大手消費者金融では、申し込みの際に以下の2種類の書類の提出が求められます。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

本人確認書類は必須で、収入証明書類は状況によって提出が求められる場合があります。いざという時に提出できないと審査に通らないので、いつでも出せるよう手元に置いておくと安心です。

在籍確認とは、仕事をして収入を得ているという確認を取るために、職場に電話をすることを言います。在籍確認ができないと収入があると確認できないので、審査に落ちる原因になります。

職場によっては、私用電話が禁止されていたり、普段電話がかかってこない職場なので怪しまれたりといった可能性も考えられます。

在籍確認に関して不安がある場合は、申し込んだ後すぐに申し込み先に連絡を入れて相談しましょう。場合によっては、電話以外の方法で在籍確認ができる場合もあります。

審査が甘いカードローンはないので借りやすい業者を選んで申しこもう

審査をしなければいけないことは法律でも決まっているので、審査が甘いカードローンは存在しません。

業者ごとに審査基準が違うので、同じ人がある業者では審査に通って別の業者では落ちる可能性もあります。そのため、審査が甘いカードローンがあるのではないかと考える人もいますが、違うのは甘さではなく審査基準です。

「審査に時間をかけたくない」「手軽に借りたい」などの理由で審査が甘いカードローンを探している人は、便利に手続きできて借りやすい大手消費者金融を利用しましょう。

大手消費者金融なら審査がスピーディーで連絡を待つ時間が少なくて済むので、安心感があります。申し込み方法も多彩なので、便利に利用できる点もメリットです。場合によっては即日融資もできるので、急いでいる人にも向いています。

大手消費者金融はいずれも安心して利用できる業者ですが、借入先に迷いたくない人には顧客満足度が高くアプリローンが便利なプロミスをおすすめします。

関連記事
閉じる
バレずに借りられる