専業主婦でも借りられるカードローン。収入なしでも夫にバレない?

家計を預かる主婦にとって、お金の悩みというのは切実なものです。

特に経済的に余裕がないタイミングで公共料金・通信費や子どもの学校関連の支払い期日が迫っているというような、どうしても急ぎで現金が必要な状況に追い込まれてしまうと、非常に困りますよね。

そんな時、申し込んだその日にお金が借りられる即日キャッシングを利用してみたいと思ったことはありませんか?

主婦、特に仕事をしていない専業主婦だとキャッシングは利用できないと思われがちですが、実はそんなことはありません。専業主婦でもお金を借りられるキャッシングサービスは少なからず見つかります。

ただし、借り入れ先選びや利用の仕方には多少気を遣う必要があるというのは否定できない事実です。そこでここでは、専業主婦が失敗なく即日キャッシングを利用するために知っておいてほしい大事なコツをいくつかご紹介したいと思います。

専業主婦は銀行カードローン一択!?総量規制の基礎知識

まず、専業主婦がキャッシングサービスを利用してお金を借りようと考えるのであれば、借り入れ先選びにはある程度の制約がかかることを理解しておくべきでしょう。その最たるものが総量規制です。

総量規制とは…
個人の借入総額を本人の年収の3分の1までと制限する取決めを総量規制と呼びます。
消費者金融などのキャッシング業者を取り締まる貸金業法の中に定められています。

この総量規制がある以上、現金収入を得ていない専業主婦は年収0円ということになるため1円たりともお金を借りることはできません。

ただし総量規制にはいくつかの例外となる貸し付けがあり、その中に配偶者と合算した年収の3分の1まで借り入れが可能になる《配偶者貸付け》という方法も含まれています。したがって法律上は専業主婦がお金を借りる道も見つかるはずです。

しかし現実には、アコムやアイフルと言った大手のキャッシング業者を見てみても、専業主婦を融資の対象にしているキャッシング業者ははほとんど見つかりません。

というのも、《配偶者貸付け》の形で融資を行うためには、配偶者の同意書や配偶者との夫婦関係を証明するための住民票など余分に書類が必要になります。当然その分だけ手続きは煩雑化するわけですから、業者側としては《配偶者貸付け》を受け付けることで、端的に言えば手間が増えてしまうということになるのです。

そのため、法律上は可能なはずの《配偶者貸付け》を、あえて実施しないことを選ぶキャッシング業者が大半というわけです。

しかし実は、《配偶者貸付け》を利用しなくても総量規制を免れて専業主婦が借り入れをする方法はあります。それはもちろんいかがわしい高金利な違法キャッシングなどではありません。ごく身近な存在である銀行のカードローンを利用することです。

総量規制を含む貸金業法は消費者金融や信販会社といった貸金業者を規制する法律なので、銀行がその対象になることはありません。したがって、銀行が直轄で取り扱っているカードローンなどの融資商品も総量規制を受けることはないのです。

専業主婦が借り入れ先を選ぶ際には、少なくとも銀行カードローンであるということが第一の条件となるでしょう。

ただし銀行カードローンでも、配偶者に収入があれば専業主婦でも利用可能なところと専業主婦の借り入れに一切対応していないところにはっきり分かれるので、その点は注意が必要です。

専業主婦でも即日キャッシングできる銀行カードローンとは?

専業主婦が利用できる銀行カードローンの中でも、即日キャッシングが可能なことを条件にするとなると、借り入れ先の候補はさらにかなり絞られてきます。

この2つの条件を満たす主な銀行カードローンの実例をいくつか挙げておきましょう。

銀行名 カードローン名 特記事項
三菱UFJ銀行 バンクイック 即日融資にはテレビ窓口でのカード受け取りが必要
スルガ銀行 リザーブドプラン 他行口座への振り込み可
みずほ銀行 カードローン 即日融資にはみずほ銀行口座が必要・専業主婦の借入上限は30万円
イオン銀行 カードローンBIG 即日融資にはイオン銀行口座が必要・専業主婦の借入上限は50万円

このように一覧にしてみるとわかるとおり、専業主婦の利用や即日キャッシングに対して特別に条件を設けている銀行は少なからずあります。

せっかく申し込んだのに、即日キャッシングができなかったり、必要な金額の借り入れができないようでは困ってしまいますよね。借り入れ先を選ぶ際には、サービス内容をよく確認するようにしましょう。

本人の年収を基準に借り入れ総額を制限する総量規制という取り決めがあるので、現金収入のない専業主婦は原則としてキャッシングサービスで借り入れをすることはできませんが、総量規制を含む貸金業法の対象外になる銀行カードローンであれば専業主婦の利用に対応しているものが少なからず見つかります。

ただし専業主婦に対して借入限度額の制限を設けていたり、条件が合わなければ即日キャッシングできない銀行カードローンもあるので、事前にサービス内容を確認するようにして下さい。

誰にも内緒で借りたい人が知っておくべき2つのコツ

専業主婦でお金を借りようと考える人の中には、家族や知人にはキャッシングサービスの利用を知られたくないという方も少なからずいらっしゃいますよね。

昨今のキャッシングサービスはかなり個人のプライバシーが守られるようにシステムが整ってきていますが、それでも利用の仕方次第では周囲の人、特に生活を共にする家族には隠し通すのが難しくなります。

そこで特に内緒で銀行カードローンを利用したいという方に知っておいてほしい、2つのコツをご紹介します。

  • 申し込みには必ずインターネットを利用する
  • 利用明細をWEB閲覧できるサービスがあるカードローンを選ぶ

目撃リスクに要注意!申し込みはネットが安全

利用者の使い勝手の良さに配慮して、ほとんどの銀行カードローンでは以下のような複数の申し込み方法が用意されています。

  • インターネット
  • 電話
  • 店頭
  • 自動契約機・テレビ窓口などの機械
  • FAX
  • 郵送

どこの銀行でもここで挙げたすべての申し込み方法を取り扱っているというわけではありませんが、少なくともこの中のいくつかが選択肢として用意されていると考えてよいでしょう。

これほど数多くの申し込み方法がある中でも、内緒で借りたいという方に絶対おすすめしたいのは1つだけ、インターネット申し込みです。

インターネット、特に自分の携帯電話やスマホを利用すれば、他の方法のように誰かに申し込みをしているところを目撃されたり、カードローン関連の書類を見られたりというリスクを確実に回避することができます。

銀行なので消費者金融のようなキャッシング業者に比べると店舗に行ったり郵送物があっても不審には思われにくいですが、万全を期すことが大切です。

インターネット申し込みは内緒で借りやすいというだけでなく、時間や場所の制限なく申し込み手続きができるなど他のメリットを考えてもおすすめの申し込み方法なので、ぜひ活用してください。

利用明細も見逃すな!ネットサービスを活用すべし

家族にキャッシングサービスの利用が知られてしまう原因として意外と多いのが、自宅に郵送されてきた利用明細を見られてしまうというケースです。

それを避けるためには、利用明細を自宅に郵送せずにネット上で確認できるサービスを取り扱っている銀行カードローンを利用するのが良いでしょう。

と言っても、最近では非常にサービスのIT化が進んでおり、例えば上でご紹介した5つの銀行カードローンもすべて利用明細のWeb確認や自宅郵送拒否に対応しています。

家族とは言え自分以外の宛名になっている郵便物を開封するということは考えにくいかもしれませんが、開封してうっかり置き忘れた書類を見られてしまうということも起こり得ます。避けられるリスクは避けておいた方が良いのです。

家族や周囲の人に知られずに銀行カードローンを利用したいのであれば、手続きをしているところを目撃されたり、カードローン関連の書類を見られたりといったリスクを避けることが大切です。

そのためには、申し込みや利用明細の確認にインターネットサービスを活用することをおすすめします。

専業主婦でも審査に通る?借入審査に落ちる原因とは

せっかく専業主婦でも借り入れができる銀行カードローンが見つかっても、審査に通るのかどうか…という不安を感じる方も多いのではないでしょうか?

比較的審査が厳しいと言われる銀行カードローンですが、最近ではパート・アルバイトにも対応しているところが増えるなどかなり利用しやすくなっている印象を受けます。とはいえ、全く仕事をしていない専業主婦だとさらに審査で不利なのでは?と思いますよね。

確かに仕事をしておらず自分自身に収入のない専業主婦は、一般的に見れば借入審査で有利であるとは言えません。しかし専業主婦の利用に対応している銀行カードローンであれば、無収入であることは当然織り込み済みなわけですから、それが理由で審査に落ちるということはまずないでしょう。

ただし上でもご紹介した通り、専業主婦に対して通常より借入限度額の上限を低く設定している銀行は少なからずありますし、金額を明確に提示していないところでもやはり専業主婦の借入限度額が50万円を超えるような高額になることはほとんどあり得ないと思っておいてください。

なお、専業主婦の借入審査は主に配偶者の収入や勤務状況をベースにして行われるので、その点が銀行側の審査基準と折り合わなければ、審査に落ちることも考えられます。

また、配偶者の条件に問題がなくても、自分自身がいわゆるブラックであった場合には、銀行カードローンの審査にはほぼ確実に通らなくなってしまいます。

ブラックとは…
借り入れやクレジット取引などの金銭が絡む信用取引に関する個人のデータを信用情報と呼びます。
信用取引において支払いの長期延滞や債務整理など重大な問題を起こした場合、それが事故情報として信用情報に登録され、俗にいうブラックとして扱われるようになります。

信用情報は銀行カードローンに限らず借入審査では必ずチェックされる重要な情報です。

借金に関連することだけでなく、例えばクレジットカードの支払い遅れなどでも程度によってはブラックになってしまうことがあるので、気になる方はカードローンを申し込む前に一度確認してみてください。

配偶者の会社に在籍確認ってアリ?ナシ?

審査に関してもう1つ気になるのが在籍確認です。

在籍確認とは…
申告された勤務先に業者が直接電話をかけて、本当に本人が勤務していることを確かめる作業です。

借入審査では勤務先の情報は審査の可否を決める非常に重要なポイントになるため、原則として在籍確認が必ず行われることになっています。

しかし専業主婦の場合、本人が仕事をしていないので在籍確認を取ることはできません。となると、配偶者の勤務先に電話をかけるのか?という心配が出てきますよね。特に家族に内緒で借り入れをしたい方には重大な問題です。

結論から言うと、専業主婦の審査にあたって配偶者の勤務先に在籍確認を行うことはないと考えてよいでしょう。

基本的には、たとえ配偶者であってもカードローンの利用者本人ではない相手にわざわざコンタクトを取るということは個人情報の保護の観点からもあまり望ましいことではありません。

また専業主婦の場合は上でも述べた通り借入限度額がかなり低くおさえられるので、そこまで配偶者の勤務先情報が重要視されないということも考えられます。

つまり、専業主婦は原則として在籍確認なしで銀行カードローンを利用できるのです。ただし銀行によっては対応が異なることもあるので、事前に在籍確認の有無を問い合わせてもよいでしょう。

専業主婦の利用に対応している銀行カードローンであれば、収入がないなどの専業主婦特有の理由で審査に落ちることは考えにくいでしょう。

ただし審査のベースとなる配偶者の収入などが審査基準に満たなかったり、本人がブラックだった場合には審査に通らないこともあり得ます。

審査で必ず行われる在籍確認に関しては、配偶者の勤務先に電話をかけるということは基本的にはないので、専業主婦の場合は在籍確認なしで利用できることがほとんどです。

コツがわかれば簡単!専業主婦の即日キャッシング

それでは最後に専業主婦の即日キャッシングの利用についてご紹介してきたことをまとめておきましょう。

  • 借り入れ先は総量規制の対象外になる銀行カードローンを選ぶべし
  • 内緒で借りたいなら申し込みや利用明細の確認などインターネットサービスを活用すべし
  • 専業主婦OKの銀行カードローンなら審査で不利にはなりにくいが、ブラックだと通らない
  • 配偶者の職場に在籍確認の電話がかけられることは基本的にない

借り入れ先選びや利用にあたってのコツさえわかってしまえば、専業主婦でも即日キャッシングでお金を借りることは決して難しくありません。

誰にも言えないお金の悩みを抱えている専業主婦の方は、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか?

収入のない専業主婦でも総量規制の対象外になる銀行カードローンであれば利用に対応していて審査にも問題なく通るところが見つかります。もちろん即日キャッシングが可能なものも少なからずあります。

ただし利用にあたってはサービス内容をよく確認して借り入れ先を選び、内緒で借りたいのであればネットサービスを活用するなど慎重さが大切です。

借り入れ先選びや利用のコツさえ知っていれば、専業主婦でも即日キャッシングをすることは不可能ではないのです。

関連記事
閉じる
バレずに借りられる