【バイクローンの選び方】各社の金利や特徴を比較!学生必見です

バイクを購入する際、現金一括では厳しいので、ローンを利用したいと思っている学生さんも多いのではないでしょうか?

学生のアルバイトでもそもそもローンが利用できるのか、不安に思うこともあるでしょう。ローンの種類によっては、学生であっても収入があれば、申し込めるローンがあります。

バイクローンは提供している会社によって金利も違いますし、よく比較して申し込むことが大切です。

そこで、各種バイクローンの返済額をシミュレーションしてみました。バイクローンを選ぶ際の参考にしてください。

また、バイクローンを実際に利用した人の口コミなどから、ローンを利用する際の注意点についてもお話ししますので、ローンはよく考えて選ぶようにしましょう。

\バイク購入費で学生に人気!/

学生でもバイクローンは利用できる?

バイクローンには、いろいろな種類があります。大きく分けると2つ、

  • ディーラー、店舗で契約して分割払いをする
  • お金を借りて、借りたお金で支払う

となります。

学生でも、アルバイトなどをしていて収入があれば利用できるローンが多いです。

ただし、収入があったとしても未成年では利用できないことがほとんどなので、満20歳を超えていることが条件です。

また、ローン会社によっては審査が厳しく、学生では通らない可能性もありますので、よく比較して申し込むことが大切です。

ローンの方が現金より有利になることも

ローンは金利がつくから損をする、現金一括で購入した方が得!と思っている人は多いと思います。確かに、通常のお買い物ならそうです。

しかしバイクの場合は、そうとも限りません。

たとえば、家電を買うときなどは、クレジットカードを使うよりも現金一括の方がポイントが多くついたり、値引きをしてもらえることがあると思います。

しかしバイクの場合は、現金で買ったからといって値引きしてくれることはほとんどありません。

それは、「分割払いなどを利用してもらった方が、ローン会社からディーラーに対してマージンが入るので、できればローンを利用して欲しい。その方が売り手としては得をしますので、現金払いに対して値引きする理由がない」ということです。

現金で購入するから安くして欲しいとお願いするよりも、ローンを利用しますので、少し値下げしてもらえませんか?とお願いした方が、値引きしてもらえる可能性があるということです。

返済額をよく計算することが大事!

ローンは種類によってかなり金利に幅があります。また、1回の返済額は返済の回数、期間によって変化しますので、自分が毎月返済できる金額を考えてローンを組む必要があります。

どのローン会社も、返済額の目安を知るためのシミュレーションができるようになっていますので、借りたい金額と返済期間から毎月の返済額を調べてみましょう。

その上で、フルローンでは厳しいとなれば、アルバイトをして頭金を貯めるなどの対策が必要です。

返済額と同時に考えて欲しいのが、バイクの維持費です。ガソリン代やメンテナンス費用もかかるので、返済額だけを考えてしまうと毎月の出費が思いの外増えてしまう可能性もあります。

トータルで毎月自分がいくらバイクに使えるのかを計算して、返済額をシミュレーションしていきましょう。

各バイクローンのメリットと返済額シミュレーション

バイクローンにはいくつか種類がありますが、借りられる条件も違いますし、それぞれ金利も違います。

月々の返済額がどのくらいになるのか、シミュレーションしてみましたので、比較する際の参考にしてください。

50万円、100万円借りた場合のシミュレーションをしていますが、総量規制の対象となっているローンですと、年収の3分の1までしか借りることはできません。

アルバイトの収入しかない人はその金額まで借りられない可能性もありますので、あくまでも返済額の目安としてお考えください。

銀行のマイカーローンは低金利

銀行のマイカーローンは、「マイカー」といいつつ、ほとんどのローンはバイクにも使えます。

用途が車関連に限定されている分、金利が低いのが特徴です。およそ2〜4%なので、ローンの中でもかなり低い方ですね。ディーラーローンと違い、中古車でも利用できます。

ただし、審査は若干厳しめです。マイカーローンの中には、申込要件に年収が設定されている場合もあり、学生のアルバイトでは申し込みができないこともあります。要件をよく確認することが大切です。

その中でも常陽銀行は、

  • 満20歳以上70歳未満
  • 安定収入のある方(パート、アルバイト、年金受給者含む)

とあります。

アルバイトの場合は、家族と同居が条件ですが、実家に住んでいる方なら条件をクリアできますね。

常陽銀行は、通常1.05%〜2.45%のところ、パソコン・スマホから契約すると0.1%割引になるキャンペーン中です(2021年12月28日まで)。

【常陽銀行のシミュレーション(金利2.35%で計算)】

50万円借りた場合 ・3年で返済:14,397円
・5年で返済:8,840円
100万円借りた場合 ・5年で返済:17,681円
・7年で返済:12,922円

ディーラー・直営店ローン

ディーラーローンはその場で手続きができるので、欲しいバイクがあればすぐに契約できるのがメリットです。実際、利用している人も多いですよ。

また、バイクを販売する方としてはなるべく審査をスムーズに通って欲しいので、審査のハードルも低めのローンが多いです。

ただし、支払いが終わるまではバイクの所有権が自分のものにはなりません。分割払いの担保に、バイクが設定されているためです。

また、基本的にはローンの対象となるのは新車のみですので、中古車を購入する人は他のローンを検討した方が良さそうです。

【ホンダクレジット(ホンダファイナンス(金利3.5%で計算)】

50万円借りた場合 ・3年で返済:初回16,346円、2回目以降14,600円
・5年で返済:初回14,285円、2回目以降9,000円
100万円借りた場合 ・5年で返済:初回23,157円、2回目以降18,100円
・7年で返済:初回16,373円、2回目以降13,400円

「スズキファイナンス」でもローンのシミュレーションをしてみました。

【スズキファイナンスのシミュレーション(金利5.0%で計算)】

50万円借りた場合 ・3年で返済:手数料39,500円、初回18,000円、2回目以降14,900円
・5年で返済:手数料66,150円、初回11,550円、2回目以降9,400円
100万円借りた場合 ・5年で返済:手数料132,300円、初回23,100円、2回目以降18,800円
・6年で返済(上限):手数料159,600円、初回16,500円、2回目以降16,100円

店舗の提携ローン

信販系のローンはその場で手続きができて、しかも審査のスピードが早いので、このバイクが欲しいと思った時にすぐ申し込めるというのがメリットです。

申し込みに必要なものは、本人確認書類と契約書のみで、収入証明書などは不要なケースが多いため、手続きが簡単なのです。

オリコのオートローンは契約書のみで手続きができるので、銀行のマイカーローンなどよりも手軽です。

ただし手軽な分、ディーラーローンなどと比べると金利が高めです。その場ですぐに申し込まず、返済額などをよく比較してから申し込んだ方が良いでしょう。

【オリコのオートローンのシミュレーション(金利10.0%で計算)】

50万円借りた場合 ・3年で返済:16,133円、最終回16,134円
・5年で返済:10,623円、最終回10,618円
100万円借りた場合 ・5年で返済:21,247円、最終回21,208円
・7年で返済:16,601円、最終回16,564円

使い道が自由な銀行カードローン

銀行カードローンはマイカーローンとは違い、用途が自由なので、新車でも中古車でも購入できます。また、部品やメンテ費用にも使えます。こちらも、自由な分金利は高めです。

また、メガバンクのカードローンは審査が若干厳しめですので、学生のアルバイトでは通らない可能性もあります。

一方、ネット銀行であれば審査も早く、審査に通る可能性は上がりますが、いずれにしても上限金利は14.0%〜15.0%程度です

【三井住友銀行カードローン(金利14.5%で計算)】

50万円借りた場合 ・3年で返済:17,210円
・5年で返済:11,764円
100万円借りた場合 ・5年で返済:23,528円
・7年で返済:19,017円

とにかく融資が早い消費者金融カードローン

審査のスピードで考えたら、消費者金融カードローンが最も早いでしょう。最短で申込から60分程度で融資できるところもあります。

フリーローンですので、何を購入するのも自由です。

たとえば中古車を買いたいとか、ネットオークションなどで安く購入したいという時には、ディーラーローンは使えませんので、消費者金融カードローンを選択することになるでしょう。

【プロミス(金利17.8%で計算)】

50万円借りた場合 ・3年で返済:18,026円
・5年で返済:12,642円
100万円借りた場合 ・5年で返済:25,284円
・6年8ヶ月(上限)で返済:21,432円

プロミスは初めての利用なら無利息期間がサービスされたりというありがたいメリットがありますので、詳しく解説していきますね。

審査がスムーズ!学生でも申し込みやすいプロミス

消費者金融カードローンのネックは、上限金利が高いことです。融資のスピードが早い分、上限金利は各ローンの中で最も高いです。

ただし、プロミスはその中でも若干低くなっています。18.0%のところが多いですが、プロミスは17.8%。

ほんの少しの違いかもしれませんが、バイクは高額な買い物ですので、少しでも金利が低い方が良いでしょう。

30日間の無利息期間

また、初めての利用なら30日間の無利息期間があることも大きなメリットです。この期間、ほかの消費者金融カードローンにもよくみられる特典なのですが、「契約してから」30日間がスタートします。

しかしプロミスは「出金してから」30日間です。この差は大きいです。他社ですと、契約したらすぐにお金を借りないと無利息期間が無駄になってしまいます。

その点、プロミスなら実際にお金を借りてからの30日間なので、まるまる無利息期間を利用できるというわけです。契約だけしておいて、バイクが決まってから借入するという方法もおすすめです。

審査が早くWEBで完結できる

プロミスの審査は最短30分!しかも、申込から実際の借り入れまで、全てWEBで完結します。

カードレスにできるので、郵送物もなし。家族に知られたくないという人でも、安心です。カードなしで、スマホアプリで借り入れや返済ができますので、カードを紛失する心配もないですね。

バレ対策も相談に乗ってくれる

通常は、在籍確認として、アルバイト先に電話が入ります。しかし、バイト先の状況によっては電話をかけられたくないという人もいると思います。

プロミスはそのような場合でも相談に乗ってくれますので、安心です。申し込みをすると、確認のために電話が来ますので、その時に相談してみましょう。

例えば給与明細の提出など、勤めていること(収入があること)の分かる書類を用意すれば、在籍確認の代わりにしてもらえる可能性があります。

そのときには、なぜ電話をかけてほしくないのか、その理由をきちんと説明することが大切です。

通常は電話1本で終わる在籍確認を、わざわざ他の方法にして欲しいとお願いするわけです。ここをクリアできないと審査を通過できません。

電話では対応できない理由を真摯に説明し、理解してもらえれば、柔軟に対応してもらえる可能性はあります。

新規契約率が高い

プロミスの新規契約率は平均44.8%(2020年3月期)と、消費者金融カードローンの中でも高水準。つまり、審査の通過率が高いということです。

公式サイトにも、「アルバイト、パート、派遣社員、契約社員」でも、仕事をしていれば申し込みはできると書いてあります。

学生でも契約できると書いてありますので、収入がきちんとあれば審査を通過する可能性は高いです。

【プロミスのフリーキャッシング】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上69歳以下
申込要件 安定した収入があること
(雇用形態はパートでもアルバイトでも可)
実質年率 4.5%〜17.8%
遅延損害金 20.0%
担保・保証人 不要
その他の特徴 ・簡易診断あり
・WEB完結可能
・30日間の無利息期間あり
プロミス

審査に不安ならプロミス!審査通過率は業界トップクラスで、新規の借入に積極的です。web完結なら最短即日融資も可能&もちろんバレ対策も充実。アルバイト、パート、学生もOK!

プロミス
金利
4.5%〜17.8%
審査時間
最短30分
バレ対策
借入方法
ATM、口座振込、店頭窓口
来店
不要
担保・保証人
不要
利用可能なコンビニ
LAWSONSEVENELEVENEnet
本日中に借入する場合
あと

実際に一番使いやすいバイクローンは?無理のないローンの使い方

学生でもバイクローンを利用できることはわかったけれど、金利もさまざま。融資のスピードもさまざまで、どのローンを利用すべきか迷うところだと思います。

そこで、実際にローンを利用してバイクを購入した人の声などを見ながら、ローンの利用法を考えます。

学生は高額なローンは組めない

バイクは高額なものもありますが、学生のアルバイトではそもそも高額なローンは組めません。

銀行などは審査も厳しく、「勤続年数○年以上、年収○円以上」という条件がついていれば、申し込みすらできません。

どうしてもという場合は、連帯保証人を立てないと難しいでしょう。

通常は身内の人にお願いしますが、わざわざ利子を払ってまでローンを組むくらいなら、親が一時的に立て替えて、親に返済していくパターンが多いです。

高額なバイクが欲しい場合は、親に相談しつつ、自分である程度お金を貯めることを考えましょう。

中古も考えもの

中古のバイクなら安いから、ローンも組みやすいと考える人がいますが、バイクは安ければ良いというものでもありません。

  • すぐに故障して、修理代が思いのほかかかり、ローンの返済が厳しかった
  • 下取りに出すにも価格が低く、お金を貯めて新車を買えばよかったと思った

という口コミが多く見られました。

中古は新車よりも故障する可能性も高く、ローン自体は安く抑えられたとしても、維持費がかかってしまうケースがあります。

本体価格だけでなく、修理代などのメンテナンス費用も含めて月々にかかるお金を計算し、ローンを組む必要があるでしょう。

できれば頭金を貯めよう

頭金を入れなくても、フルローンを組むという方法もあります。借りる金額にもよりますが、アルバイト代から返済していくとなると、完済するまでに数年かかるでしょう。

半年、1年という短い期間で返済することもできなくはないですが、そうすると月々の返済額が高くなりますので、ガソリン代や備品代に手が回らなくなることもあり得ます。

  • 月々の返済に追われて楽しくバイクに乗れない
  • ガソリン代が足りなくて、思うように乗れない

など、せっかくバイクを買ったのに、楽しめないという声がありました。

50万円のバイクを買うとしても、すべてローンにするのではなく、少しでも頭金を貯めてからローンを組むことをおすすめします。

たくさん稼げばいい?親の都合も考える

それなら、アルバイトをたくさんして、とにかく稼げば100万円のローンも組めるようになるのでは?と思うかもしれません。

確かに、収入が上がればそれに応じて借りられる金額も高くなります。しかし、学生の場合は親の扶養に入っている人がほとんどでしょう。

親としては、扶養家族がいることで税金の控除などを受けていますから、勝手に収入を増やされて扶養家族がいなくなるというのも迷惑な話です。

どのローンを利用すれば良いかという話とは少し違いますが、ローンの利用法として、自分の収入のことだけを考えていては、親に負担をかけてしまうこともあります。

親とよく相談してから、ローンの利用を考えましょう。

返済額だけでなく維持費も考える

ローンの返済シミュレーションを見ていただくと、50万円借りたとしても、3年かけて返済するなら月々15,000円前後で返済できる、それならアルバイトでもなんとかなると考えると思います。

しかし、バイクに乗るならガソリン代やメンテナンス費用など維持費がかかります。

また、バイクに乗るということはどこかへ出かけるということですよね。お出かけすればさらにお金もかかると思います。

楽しくバイクに乗るには、ローンの返済以外にもお金がかかるということを忘れないでください。それらのお金も計算して、毎月自分のアルバイト代だけでなんとかできるのかを考えます。

理想のバイクの楽しみ方からローンを考える

たとえば、できるだけ返済額を抑えたいなら、まず頭金をためます。できるだけ多い方が、返済は楽になります。

その上で、金利を重視するならディーラーローンや直営店のローンが良いでしょう。金利は3〜5%程度なので、かなり低いです。

しかし、ディーラーローンですと、ローンを払い終わるまで所有権が自分のものになりません。それが嫌だという場合には、消費者金融カードローンをおすすめします。

金利は高めですが、初めての利用なら無利息期間を利用できるものもありますし、何よりも融資のスピードが速いです。

銀行系のローンは、マイカーローンもカードローンも、学生アルバイトには審査が厳しめです。

月に数万円の収入では審査落ちする可能性もありますので、カードローンなら消費者金融の方が審査を通過する確率が高いでしょう。

バイクローンは学生でも利用できる!

アルバイトをしていて収入があれば、学生でも利用できるバイクローンはあります。ただし、20歳を超えていることが条件です。

金利が低いのは銀行のマイカーローンやディーラーローンですが、銀行は審査が厳しく、年収が一定のラインを超えていないと審査に通らないこともあります。

また、ディーラーローンは金利は低めなのですが、完済するまでバイクの所有権が自分のものにならないというデメリットがあります。

その点、消費者金融カードローンは審査も早く、即日融資も可能です。また、金利は高めなのですが、初めての利用なら30日間の無利息期間がついている場合もあり、借りる金額によっては他社とそれほど返済額が変わらないこともあります。

バイクはガソリン代など維持費もかかります。いずれのローンを利用するにしても、できるだけ返済を楽にできるよう、頭金を用意してから組むことをおすすめします。

借入先検索

条件を指定して検索ボタンをクリックしてください。(複数可)

借入条件
職業
審査時間
借入額
関連記事
閉じる
バレずに借りられる