カードローンの審査に通らない!3つの理由と審査に通るコツを解説

審査の裏ワザ 2021.11.24

カードローンを利用したいのに、審査に通らないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

カードローンの審査基準は公開されておらず、さらに利用先によっても審査基準が違うため、なぜ審査に落ちるのかわからず困ることもあります。

カードローンの審査に通らない理由は、主に3つです。理由がわかれば、審査に通るコツもわかります。

そこで審査に通らない3つの理由を確認して、理由を元に審査に通りやすくするための準備をしましょう。

をご覧ください。比較的審査対策がしやすいおすすめカードローンを紹介しています。

\審査が不安ならアイフル/

1.申し込み条件に合っていないとカードローンは利用できない

カードローン商品を見てみると、それぞれの商品ごとに申し込み条件が設けられています。条件に合っていないと審査に通らないので、カードローンの利用はできません。

どのような条件があるのか、例を見てみましょう。

カードローンの例 利用条件
プロミス 年齢20歳以上69歳以下
本人に安定した収入がある方
主婦や学生でもパート・アルバイトによる安定した収入があれば申し込み可能
アイフル 満20歳以上69歳の方
定期的な収入と返済能力がある方
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 満20歳以上65歳未満
国内に居住する個人である
保証会社(アコム㈱)の保証を受けられる
原則安定した収入がある
外国人の場合は永住許可を受けている
みずほ銀行カードローン 契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満
安定かつ継続した収入が見込める
保証会社の保証が受けられる
外国人の場合は永住許可を受けている

利用条件について、詳細を見ていきましょう。

年齢に関する条件は絶対なので満たしていないと審査に通らない

カードローンの利用条件には、年齢があります。年齢に関する条件は絶対に守らなければいけないので、指定された年齢以外の人はカードローンに申し込めません。

カードローンはアルバイトをしている学生でも利用できますが、成人していない学生は対象外です。成人していない人が申し込もうとしている場合は、成人するまで待ちましょう。

どうしても未成年がお金を借りたい場合、次の2つの方法が考えられます。

  • 未成年にも融資をしてくれる学生ローンの利用
  • 未成年でもキャッシングできる機能が付いたクレジットカードの利用

法律で未成年は保護者の許可なしに契約行為ができないルールになっているので、多くのローンやクレジットカードでお金が借りられるのは20歳からです。

ごく一部ですが、保護者の許可があることを条件に未成年が借り入れできる場合があるので、どうしてもお金に困っている未成年は利用が検討できます。

未成年が借りられる可能性がある借入先は、次の通りです。

借りられる可能性がある借入先
消費者金融 学生ローン カレッヂ
学生ローン フレンド田(DEN)
キャッシング スペース
クレジットカードのキャッシング機能 三井住友カード デビュープラス(学生)
学生専用ライフカード

ただし、借りたお金を返せないと、それ以降新しくクレジットカードが発行できなくなったりローンが組めなくなったりします。

生活上かなり困るので、本当に借りる必要があるか、親など頼れる人はいないか、借りたお金を必ず返せるかなど、しっかり考えてから利用を検討しましょう。

利用できる年齢の上限を超えている場合は、残念ですが借入はできません。対策法としては、できる限り対象年齢が高い商品を探す方法があります。

高齢の方が借りられる可能性がある商品は、以下の通りです。

借りられる可能性がある借入先
消費者金融 ベルーナノーティス
「80歳までのカードローン」
シニアローン 地方銀行などで扱われているシニアローン

年齢の条件が合わない場合は、条件が合う商品がないか探しましょう。

収入に関する条件を満たしていないと審査に通らない

年齢以外に設けられているのが、収入に関する条件です。いずれのカードローンを見ても、「安定した収入がある」「安定かつ継続した収入が見込める」などの条件が付けられています。仕事に就いていなくて自身に収入がない人は、お金が借りられません。

安定した収入とは何か具体的にわからないので難しく感じられるかもしれませんが、ポイントは3つです。

  • 毎月同じくらいの金額の収入を得ている
  • 一時的ではなく継続して収入を得ている
  • 勤続年数がある程度あってすぐに仕事をやめそうではない

1つ目のポイントは、毎月同じくらいの収入を得ていることです。年収が高い・低いに関係なく、同じくらいの金額を毎月受け取っていれば審査に通る可能性があります。給料が歩合制で増減が激しい場合は、審査に不利になるケースも見られます。

以下のような場合は安定収入があるとはみなされないので、注意しましょう。

  • 登録はしていても仕事先が決まっていない派遣社員
  • 短期派遣や短期バイト
  • 日雇い労働

2つ目のポイントは、継続して収入を得ていることです。「安定かつ継続した収入」と表現している借入先もあるように、同じくらいの収入を続けて得ている必要があります。

消費者金融などが守っている貸金業法と呼ばれる法律によると、収入は以下のものを指します。

  • 給与
  • 年金や恩給
  • 定期的に受け取っている不動産の賃貸収入
  • 事業所得

正社員やパート・アルバイトなどが受け取っている給与や、事業を行っている個人事業主が得ている事業所得などが収入とみなされます。競馬や宝くじが当たったなど、一時的な収入は借入をする場合で言う収入とはみなされません。

3つ目のポイントは、勤続年数や営業年数がある程度あることです。仕事を始めたばかりだと、辞めたり事業が成功しなかったりする可能性もあります。長く仕事を続けている人の方が仕事をやめたり倒産したりする可能性が低いので、勤続年数も重要です。

勤続年数が3ヶ月より短いと、審査落ちする可能性が高いと言われています。できれば仕事を始めて半年以上たってから申し込むと、審査に通る可能性を高められます。

収入に関して不安がある場合は、次の対策を試しましょう。

  • 派遣先が決まっていない派遣社員は派遣先を見つける
  • 短期派遣・短期バイト・日雇い労働の人は長期の仕事を探す
  • 仕事を始めてすぐの人はしばらく待って申し込む

カードローンは次の理由で年収の3分の1までしか借りられないので、年収の高さは関係ありません。

  • 消費者金融から借りる場合は法律で決まっている
  • 銀行から借りる場合は自主的な規制で年収の3分の1が目安になっている

同じくらいの収入を続けて得ることが大切なので、その条件に合っているか確認してから申し込むと審査に通る可能性を上げられます。

銀行のカードローンでは保証会社の保証が受けられることも条件に

銀行のカードローンを利用する場合、保証会社の保証が受けられることも条件になります。保証会社とは、借入をしている人が返済できない状態になった時に、代わりに銀行に返済をする役割を持つ会社です。

銀行に返済をした後は、保証会社が借入をしている人に督促をします。

借入をしている人が返済できなくなったら代わりにお金を返さなければいけないので、保証会社は独自の基準で審査をして、保証していいかを決めます。

保証会社の審査の内容も通常お金を借りる時と似たような内容ですが、銀行と保証会社の審査基準が違う場合もあります。銀行はお金を貸してもいいと判断しても、保証会社が保証できないと判断したら審査には通りません。

銀行のカードローンを利用する場合、その銀行の通帳を持っていることが利用条件になっている場合もあるので、事前に確かめましょう。

2.借入の申し込みまでのお金の借り方に問題があると審査に通りにくい

カードローンの申し込みをするまでのお金の借り方に問題があると、審査に通りにくくなります。他のローンを利用したことがない人でも意外な原因が見つかる可能性もあるので、確認しておきましょう。

よそからの借入がある人は借り過ぎが問題の場合も

別のところからすでにお金を借りている人は、年収に対して借りている金額の割合が高すぎて審査に通りにくい場合もあります。

先程確認したように、消費者金融で借りる場合は法律によって借りられる年収の割合に上限が定められているので、他の貸金業者で借り過ぎていると審査に通りません。

借入額として計算する必要があるのは、以下のローンです。

  • 貸金業者のカードローン
  • 貸金業者のフリーローン

以下の借入は計算に入れる必要はありません。

  • 銀行のカードローンやフリーローンなど
  • マイカーローンや住宅ローンなど担保があるローン

銀行は貸金業者ではないので、銀行の商品は借入額に計算しなくて大丈夫です。マイカーローンやフリーローンなど、返済できなくなったら車や自宅を売って返済できる商品も、計算に入れません。

だからといって銀行ならいくらでも借りられるわけではなく、銀行独自の判断で貸し過ぎを防いでいます。年収に対して借入の割合が高い人にお金を貸しても返ってこないので、問題がある場合はお金を貸さない仕組みが整えられているのです。

年収に対して借りている割合が高すぎるなら、希望額を下げて年収の3分の1までにおさまるようにすれば審査に通る可能性もあります。

しかし、融資額を下げれば審査に通る人の場合、審査に落ちる前に消費者金融や銀行から「この金額なら審査に通せる」と提示されるのが一般的です。

申し込み先から金額を下げる案内がないということは、借入希望額を下げても審査に通るのが難しい状態だと考えられます。そのため、審査に落ちた場合は返済に専念しましょう。

借入額が高くなくても借入件数が多すぎると審査に通らない原因に

借入額がそんなに多くないのに審査に落ちてしまう人は、あちこちからお金を借りていないか確かめましょう。

複数の借入があるのにさらに借りようとしている人は、また別のところでお金を借りようとするかもしれません。次々借りる癖があるといずれ借りたお金が返せなくなると予想できるので、あちこちから借りる人には借入額に関係なく貸さないところが多いのです。

借入件数が多すぎるためにお金が借りられない場合は、借入をまとめて返済しやすくする方法がおすすめです。

ローンの中には、「おまとめローン」と呼ばれるローンがあります。おまとめローンは複数の借入をまとめて返済しやすくするためのローンで、総量規制の例外とされています。そのため、年収の3分の1を超える借入があっても利用できる可能性があるのです。

新たな借入ができないおまとめローンを利用すれば、段階的に残高を減らせるので計画的に返済を進めることが可能です。借入件数が問題で審査に通らない人は、おまとめローンの利用も検討しましょう。

延滞があると審査に通らない!クレジットカードなども関係あるので注意

カードローンに申し込む前によそからの借入を延滞している場合は、審査に通らないと考えましょう。延滞については、貸金業者のカードローンやフリーローンだけではなく、銀行からの借入も住宅ローンなどのローンもすべて含みます。

ローンは組んでいないから大丈夫だと思っていても、以下のような思わぬ借入が関係しているケースも見られるので、確認しておきましょう。

  • クレジットカードの支払いができていない
  • 分割払いで契約した携帯電話の料金を滞納している

携帯電話の電話代を滞納しただけならローンの審査には影響しませんが、携帯電話の料金に分割払いで契約した端末料金が含まれている場合は、携帯電話の端末代を滞納したことになってローンの審査に悪影響が出ます。

携帯電話の端末代に限らず、通販の支払い・英会話教材・ジムの会費など分割払いで契約した料金も関係があるので注意しましょう。

商品やサービスを先に受け取ってお金を立て替えてもらっている場合は、借入をしているのと同じような状況だと言えます。今お金が返せない状態なのに、新たにお金を借りても、返せないと判断されてしまうのです。

思い当たる支払いがある場合は、まず延滞を解消しましょう。延滞を解消しないままでいると、いつまで待っても借りられる状態にはなりません。延滞を解消すれば、5年が経過すると借りられるようになります。

お金を借りるために嘘を言っても意味がないので注意しよう

お金を借りたいために嘘を言っても、借入先には借入件数や借入額を確認できるシステムがあります。個人がどのようなお金の借り方をしているかに関する情報を信用情報と呼びますが、信用情報は国内に3つある以下の信用情報機関で保管されています。

信用情報機関の名前 特徴
株式会社日本信用情報機構(JICC) 貸金業法に関連する機関として指定されている
貸金業者が多く加盟している
株式会社シー・アイ・シー(CIC) 貸金業法に関連する機関として指定されている
貸金業者が多く加盟している
全国銀行個人信用情報センター 銀行や信用金庫などの金融機関が多く加盟している

お金を貸しているところはこれらのいずれかに加盟して、情報を提供したり情報の提供を受けたりしています。

加盟先の情報しか見られないと、別の期間に加盟しているところで借り過ぎている時に困るので、3つの機関は必要な情報を共有しています。

共有している情報の内容を見てみましょう。

情報を共有している信用情報機関 共有している情報の内容
株式会社日本信用情報機構(JICC)と
株式会社シー・アイ・シー(CIC)
延滞も含めた借入に関する情報
申し込みに関する情報
3つの機関すべて 延滞や代位弁済に関する情報

貸金業者は総量規制の関係があって借入額まで把握する必要があるので、借入額など借入に関する情報を共有しています。滞納はお金を貸すか判断するための重要な情報なので、3つの機関すべてで共有できる仕組みが整えられているのです。

確認すればわかる情報なので、嘘を言うと余計に信用を失う結果になります。

無理をしてお金を借りると返すのが難しくなり、借りた人も困ります。借入状況が問題で審査に通らない時は、お金を借りるよりも返す方に注意を向けましょう。

個人信用情報機関では、以下のように情報が掲載される期間が決まっています。

登録される情報の種類 掲載される機関
延滞 最長5年
債務整理 最長5年
自己破産 最長10年

債務整理の記録はCICでは掲載されませんが、延滞が関係するので債務整理をした経験がある人が借りられない事実には違いがありません。情報が削除されれば再び借りられるようになりますが、情報が削除されるまでにかなり時間がかかります。

3.在籍確認ができないことも審査に通らない原因の一つ

在籍確認ができないことも、審査に通らない原因の一つです。なぜ在籍確認が関係するのか、理由を確認しましょう。

在籍確認は審査の途中で職場に電話をかけること

在籍確認とは、審査の途中で申込者が働いている職場に電話で連絡をして、本当にそこで仕事をしているか確認をすることを言います。申込書には嘘も書けるので、嘘がないかを実際に電話して確かめているのです。

在籍確認ができないと、働いているという確信が持てないので、審査に通すわけにはいきません。そのため、在籍確認に失敗すると、審査落ちする可能性があると言えるのです。

本人が電話に出られなくても、「外出中」「今日は休み」など、電話を受けた人の答えから働いていることが確認できれば問題はありません。

在籍確認に失敗するケースとは

在籍確認に失敗するケースには、以下のような例があります。

  • 電話に出た人が「いない」とだけ答える
  • 個人情報保護のため情報を教えない
  • 怪しい電話だと思われてまともに対応してもらえない

電話に出た人が「申込者はいない」と答えれば、今いないだけなのか働いていないのかわかりません。最近では個人情報保護の観点や、ストーカーなどの犯罪行為の防止などの観点から、情報を教えない対応をしている職場もあります。

携帯を支給されている場合や勤務先が現場や工場の場合など、もともと外部から電話が入らない職場もあります。普段電話がかかってこないところに急に電話がかかってきたら、怪しい電話だと思われてまともに相手をしてもらえない可能性もあります。

在籍確認に不安がある人は事前に準備を整えて

職場の環境を思い浮かべてみて不安がある場合は、在籍確認に失敗しないよう準備を整えてから申し込みをしましょう。

在籍確認を成功させるための対策には、以下のような方法があります。

  • 電話があることを周りの人に知らせておく
  • 在籍確認について相談に乗ってくれる申し込み先を選ぶ

電話があることを周りに知らせておく方法だと、周りの人にお金を借りていると知られるのが嫌だと感じる人も多いかもしれません。その場合は、クレジットカードの申し込みをすると伝えておけば、不審に思われることはないでしょう。

もう1つは、在籍確認について相談に乗ってくれる申し込み先を選ぶ方法です。申し込んですぐに連絡を入れれば在籍確認について相談に乗ってくれる業者も存在するので、不安な人はそういったところを選びましょう。

在籍確認が不安な時におすすめの借入先

在籍確認が不安なときには、次の借入先を選ぶと不安が軽減できます。

おすすめの借入先 理由
プロミス・アコム・レイクALSA 申し込んですぐ連絡をすると相談可能
アイフル 原則電話による在籍確認なし
SMBCモビット WEB完結申込ができれば電話なし

大手消費者金融を選ぶと、いずれの業者でも在籍確認に関して何らかの配慮があります。

SMBCモビットのWEB完結申込なら電話連絡なしと公式ページに明記されているので、在籍確認の職場への電話で不安…という方にはピッタリでしょう。もちろん、郵送物もなし、カードレスで利用可能です。

SMBCモビットについては、SMBCモビット審査の記事で詳しく解説しています。

申し込み先に迷ったら、プロミスを選択しましょう。顧客満足度の高さに定評のあるプロミスなら、利用者の悩みに合わせてきちんと相談に乗ってくれます。

他の大手消費者金融よりも、金利が低いメリットもあります。初めて申し込みをする場合、ほとんどの人が最も高い金利で借入をすることになります。他の大手消費者金融では最大の金利が年18.0%ですが、プロミスなら年17.8%とお得です。

さらにSMBCモビットにはない無利息期間もあるので、その間に返済できれば金利の低いカードローンよりもさらにお得になるという場合があるのです。

webだけでなく、アプリで申し込みから契約までできて、借入や返済にもアプリが使えます。「アプリローン」を活用すればカードを持ち歩かなくていい点でも、おすすめできる消費者金融です。

プロミスについては、プロミス審査で詳しく解説していますので是非ご覧ください。

審査に通らない可能性を少しでも減らす!審査に通るコツ

ここまで確認してきた内容以外に、審査に通らない可能性を少しでも減らすためにできる対策を紹介します。

申し込みの際の情報を正確に記載する

申し込みの際には、情報を正確に記載しましょう。間違いがあると審査に時間がかかる原因になりますし、ミスが多いと意図的な嘘を疑われて審査落ちの原因になる可能性があります。

記入する項目が多く、普段あまり気にしないような勤め先の社員数や年収などの記載も求められるので、間違いが起こりやすいのは事実です。

一つ一つ確認しながら、正確に記入していきましょう。

借入希望額はできるだけ年収に対して低い割合にする

借入希望額は、できるだけ年収に対して低い割合になるようにしましょう。

年収が100万円の人が10万円借りようとした時と、年収が30万円の人が10万円借りようとした時では、返済の難しさが大きく違います。

自分の年収を元に、できるだけ借入の割合が低くなるように考えながら希望額を決めましょう。本当に必要なお金だけを借りるようにすると、審査に落ちる可能性を減らせます。

  • 借入希望額が50万円以下の時
  • 他社の借入をあわせて100万円以下の時

は収入証明書不要となるので、審査に通りやすいという口コミが多いプロミス、アコムなどを選び審査通過率を少しでも上げると不安も抑えられますね。

審査に通らない原因を予想してできる限りの対策をしよう

審査に通らないのには、何らかの原因があります。利用条件や借入の状況など、思い当たる原因を予想してみると、理由がわかる可能性もあります。

思い当たることが見つかったら、できる限りの対策をしてみましょう。何もしないで審査に臨むよりも、審査に通る可能性を上げられます。

ただし、借りるのが難しいと思った時は、いったん借入は諦めて収入を安定させたり返済を勧めたりすることに意識を向けましょう。返済がうまくできなくなると、ローンが組めないなどの問題が出てきます。

借りられるときに必要な金額を借りるようにして、上手にカードローンを利用しましょう。

関連記事
閉じる
バレずに借りられる