アイフルの審査は厳しい?チェックされる内容、難易度、かかる時間

「甘いらしいぞ!」という噂はよく聞かれるアイフル。実際、アイフルの審査は年収200万円以下でも通過可能です。そのような実情を知ると「なーんだ甘いじゃん!」と油断しそうになりますが、しかし審査は審査。残念ながら、アイフルの審査に落ちる方がいるのも事実。

低年収で受かることもあれば、落ちることもあるという審査…。基準は一体どうなっているのでしょう?

実は、いくつかのポイントがあるのです。結論から言えば、総じて甘めの審査ではあります。

そのポイントはどこにあるのでしょうか?アイフルの審査基準について、簡単にご紹介していきます。

甘めの審査ならアイフル!アルバイトでも通過できる審査の実情

まずは、アイフルの審査について「受かりやすい」という特徴からご紹介します。
アイフルで審査を受ける限り、あまり細かいことは気にしなくて構いません。

  • 最短30分で終わる審査
  • 細かい条件まで指定がない

アイフルの審査は、早ければ30分で終わる審査であり、細かい部分までうるさく言われる審査ではありません。
というわけで、誰が受けても、比較的受かりやすい審査になるのです。
その証拠に、審査にあたって「自分でも受かるのか?」という声の多い、次の二つのポイントから、アイフルの審査を考えてみましょう。

  • 仕事・収入
  • 立場・年齢

仕事と収入は、あればOK

アイフルの審査が「甘い」と言われる一番の理由は、この点かもしれません。
キャッシングサービスで審査を受けるとき、「仕事・収入」が持つ影響はかなり大きいです。

審査を通過するためには、「大企業の正社員」といったステータスが必要かと不安になるかもしれません。
この点について、アイフルを選ぶ限り、そのような心配は不要です。

条件 審査時の必要条件
仕事 アルバイト・パートからOKに
収入 年収額などの指定なし

仕事については、「アルバイト・パート」からOKになります。つまり、最低でも働いていればOKというレベル。
他にも、以下のような仕事でもOK。

  • 派遣社員
  • 自営業

どちらも、正社員に比べて不安定な仕事だと言われますが、アイフルの審査なら受かる可能性アリです。
そして、収入についても、特に指定がありません。

  • 安定的に入っていればOK
  • 年収200万円以下でも問題ナシ

収入額や、収入が続いている期間などについて、特に指定はありません。
もちろん、年収が高いほど、そして収入が長く途切れていないほど有利ですが、そうでなければダメとは言われません。
つまり、何らかの仕事を、ある程度の期間やっていれば、通過できることの多い審査です。
どうでしょう?この点だけでも、「甘そうな審査だなぁ」と感じませんか?

立場・年齢もほとんど問われない

審査の基本である「仕事・収入」にほとんど指定がなく、誰でも受かりそうか感じがするアイフルの審査。
「立場」や「年齢」に関してはどうなのでしょうか?
つまり、以下のような条件でも通るのか?ということです。

  • 学生
  • 主婦
  • 高齢者

それぞれ、審査前にはよくお悩みの声が寄せられる立場。
アイフルの審査ではどうなのかと言うと…?

ポイント 審査での条件
立場 学生・主婦でも可能性あり
年齢 20歳以上、69歳以下なら可

学生や主婦は、キャッシング審査に特に強い立場ではありません。
しかし、だからといって、その立場自体がNGになることはありません。

つまり、一定の条件さえ満たせば、「学生」や「主婦」が自分の名義でアイフルに申し込むことが可能なのです。

それは「年齢」についても同じこと。
高齢者だからといって、門前払いされることはありません。
上限として「69歳まで」という基準がありますが、それ以下ならアイフルに申し込むことが可能です。
ここで重要なのは、「立場」や「年齢」で即NGになることは少ないということ。
これもまた、アイフルの審査が「甘い」と言われやすい特徴の一つです。
以上の点を知れば、「甘い審査がいい」と思うときは、「アイフルだ!」と思いませんか?

甘くても、落ちることはある!必ず確認したい審査の注意点

先にご紹介した話から、何となく「審査が甘そう…」と思われやすいアイフル。
しかし、もちろん「落ちる人は、落ちる」わけです。
どんな人が「落ちる」のでしょうか?

  • キャッシングブラック
  • アイフルの規定から外れている人

アイフルでも落ちてしまう事が多いのは、たとえば上記の人達です。
甘い審査であっても、誰でも彼でも受かるわけではないのです。

「キャッシングブラック」はアイフルでも不可

審査基準は甘めですが、アイフルもやるべき審査はやっています。
「お金を借りるための常識的な状態」ができていない人は、例外なく落ちると思っていた方がいいです。
具体的には、以下のような条件です。

条件 「ブラック」のポイント
収入 無収入で、返済力がゼロに近い
滞納歴 過去の借入で滞納が見られ、信用を得にくい状態
年齢 未成年

これらの条件に当たると、借入を利用すること自体がそもそも難しくなります。
ほとんどのキャッシング審査で落とされてしまうでしょう。
だからこそ、「審査が少しでも甘い場所を」という声が多く、アイフルへの期待が高まるところなのです。
ですがキャッシングブラックに当たってしまう状態で、アイフルから借りるのはかなり厳しいです。

  • 簡単な審査であっても、見るべき点は見ている
  • 信用が難しい「ブラック」は、どうしても落ちやすい

「甘めの審査」ではあっても、名前と住所と連絡先だけで通る審査ではない点にご注意ください。
基本的な信用を得られない状態では、アイフルを使えないことがほとんどです。

アイフルの規定も要チェック

次いで、アイフルの規定も確認しておきましょう。
アイフルが個別に「NG」としている条件に引っかかると、キャッシングブラックとは言えない状態にあっても、落ちやすくなります。
たとえば、年齢です。

  • 成人しても、借りれる期間に限度はある
  • アイフルの場合、69歳まで

「69歳まで」という基準は、先程もご紹介しましたね。
そこまでなら、年齢を理由に断られることは、そうありません。
つまり、69歳を超えると、その時点から「高齢すぎる」ということで、審査に落とされるわけです。
何歳になると「高齢過ぎる」と判定されるのかは、各サービスによって違います。
こういう点は、アイフルの規定の確認が必要な部分です。規定に引っかかるようになると、審査に落ちます。
年齢以外にも、確認したい規定はあります。

注意が必要な人 アイフルの審査での判定
専業主婦 本人に収入がないのでNG
年金生活者 仕事での収入がないのでNG

これらの条件は、アイフル以外のサービスでは、必ずしも「即刻NG」とされるわけではありません。
ただし、アイフルではNGになることが多いです。
これらのことは、注意しておきましょう。

NG基準が最優先!オススメするアイフル審査基準の考え方

アイフルの審査について、それぞれご紹介してきました。

  • 「甘い」といえる実情
  • NGになる注意点

甘いような雰囲気はありますが、落ちるときは落ちるということで、結局どっちなんでしょうか?
ポイントにお気づきになった方もおられるかもしれませんね。
それぞれの特徴を合わせての結論をご紹介していきます。

甘い特徴とNG基準の違い

それぞれの特徴には、違いがある点に気づいたでしょうか?

ポイント 特徴
甘い部分 ハッキリした基準はなく、「受かること」に違いはない
NG基準 基準がハッキリしていて、引っかかると即落ち

もう少し、補足しながらご説明します。
たとえば、アイフルでNGになる条件を満たしていない次の人たちが、同時に審査を受けたとします。

  • 年収100万円のフリーターをしているAさん
  • 年収1000万円の社長をしているBさん

Bさんの方が、審査に有利なのは間違いありませんね。審査のスコアも高いでしょう。

が、Aさんだって、審査に受かることは、受かるのです。

ある一定のステータスにさえ達していれば、それ以上のステータスがあってもなくても、結果はあまり変わりません。

NG基準以外の「甘い部分」では、あまり細かいことを気にしなくていいのです。
しかし、NG基準は、そうではないのですよね。

  • NG基準に一つでも引っかかると、審査は即落ち
  • すべてのNG基準に引っかからないことは絶対条件

NG基準の方はかなり厳格です。

NG基準は、どれか一つにでも引っかかると問題となり、それだけで審査にも落ちますから、よく確認することが必要です。

審査に受かるかどうか、グレーゾーンにいる人は、よく確認した方がいいでしょう。
これらの違いから、優先順位がわかりますね。

NG基準を踏まなければ、甘い審査に

アイフルの審査は、要は「NG基準さえ踏まなければ甘い」と言えますね。

  • NG基準を踏むと、即落ち
  • NG基準以外のところでは、甘い

NG基準を踏んでいると、その他のプラスポイントを評価してもらえません。

  • 年収が高い
  • 社会的地位がある
  • 長い就労実績がある

これらのプラスポイントがあれば、本来、アイフルで受かる可能性は十分あるでしょう。
しかし、「過去に長期の滞納をやっている」というNGポイントが一つあると、すべてパァです。
つまり、「NG基準に引っかからないこと」を最優先で考えたいということです。

NG基準さえ回避できれば、つまりは「甘い審査基準しか残っていない」ということで、クリアできることが多くなります。

NG基準を優先的に回避できると?

  • NG基準以外で、シビアな基準はない
  • フリーターでも通過可能な審査しかされない

ほとんどの方が通過できる、いわゆる「甘い審査」になるわけです。
このようにポイントを押さえることで、アイフルの審査が甘くなります。
漠然とした「審査甘い」というイメージで考えるよりも、効率が良くてオススメです。

それでもアイフルよりおすすめなのはプロミス

ここまで、アイフルの審査基準について詳しくご紹介してきました。

甘くもあり、シビアでもある審査ですが、落ちついてポイントを確認してください。

流れを簡単に振り返ります。

  • 年収200万円以下でも通る甘い審査
  • NG基準を踏むと、容赦なく落ちる審査でもある
  • NG基準さえ踏まなければ、結果的に審査は甘くなる

「甘い」と言われる一方で、落ちる人もいる審査なのは、このような状況だからです。

以上のような状況ですが、その部分も含め、結局アイフルの審査って甘いんでしょうか? 答えは「イエス」です。

  • NG基準は要注意だが、数は少ない
  • NG基準に最初から無縁の人も多い

NG基準は、たしかに注意が必要です。 しかし、数自体はそんなに多くなかったですね?

NG基準の内容を見てみると、常識的に考えても当たり前なポイントが多かったと思います。

NG基準に最初から無縁の方も多いくらい、基本的なポイントでしかありません。

これからお金を借りようというなら、「収入はあるか」とか「過去に滞納してないか」といったポイントが見られるのは自然な話。

重視して見られているのが、そのような常識的条件でしかないなら、十分甘い審査と言えます。

しかし、ここまで紹介してきた審査基準と同様程度の審査で、さらにお得にキャッシングできるところがあるとしたら…?

それはSMFGグループのSMBCコンシューマーファイナンスの「プロミス」です。

なぜなら、プロミスには初めての利用に限定されますが、30日間の無利息期間が適用されるサービスがあるのです。

適用の条件はメールアドレス登録、Web明細利用の2点だけ。初めての利用であれば誰でもこのサービスを受けることができます。

最初の借入から30日間は利息が0円なんです。これはかなりお得なプロミスの大きなメリットと言えるでしょう。

また、プロミスの審査通過率は大手消費者金融カードローンの中でもトップクラス。融資に積極的と言えます。

さらに、上限金利がアイフルの18.0%より低い17.8%。若干のように感じますが、この差は大きいです。大手のSMBCモビット、アコム、レイクALSAなども上限金利は18.0%なので、ここでもプロミスはかなり優位です。

他にも

  • 最短30分融資も可能
  • 原則24時間、土日祝、夜間でも借入・返済が可能
  • 返済は全国コンビニATMで可、web上なら外出不要
  • 郵送物なし、バレ対策も充実

といったメリットがあるプロミス。

少しでもお得にお金を借りたい、即日融資を希望しているという方にはおすすめなのです。

関連記事
閉じる バレずに借りられる